新しいけど古いもの

新しいけど古いもの

Vintage Linen French Cattle Dealer Duster Coat

Vintage   Linen French Cattle Dealer Duster Coat

 

1930-1940 Vintage  Pure Linen French Chore Work Worker Cattle Dealer Duster Coat 

 

 

 

今なお世界のリネン原料のフラックス(亜麻)生産の70%を生み出し続けるフランスは、文字通りのリネン大国です。温帯から熱帯の気候を必要とするため、綿の栽培が難しいフランスの気候での栽培に適したリネンは衣類のみならずシーツなどの寝具や寝間着などのホームリネンから、テーブルクロスやナプキンなどのテーブルリネンにも使われフランス人にとっては綿以上に生活に密着した最も身近な繊維です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

近年では中国の紡績技術の発展により、リネンを糸にする紡績工程は国外の場合が多くなりましたが、このコートが作られた1930年代はフランス国内で栽培、紡績、製織された真正のフレンチリネンと呼べる生地が作られていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フランス人にとって身近な素材のリネンですが、Biaudeと呼ばれる馬商や家畜商が着ていたリネンのインディゴ染めのオーバースモックや、リネンのタッサーが使われたこのワークコートは当時としても希少な物でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワークコートは働く人たちにとっての上っ張りとして、 汚れの防止や機能性の求めに応じて作られました。 その証拠に米国や英国のものは、頑丈な素材を使い2重3重のステッチが入った直線的なディティールで、縫製効率や生地要尺の節減、意匠よりも機能優先の基本にしたがった頑丈で無骨な物が殆どです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかしフランスで作られた物は、機能性を重視しながらも、そこかしこに繊細な数々のディティールを散りばめ、機能的装飾デザインの素晴らしさから アーティストにも愛用される「Atelier Coat」という 名称を得た別格のものを確立させています。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このコートも大きなポケットで、機能を果たしながらも、曲線を多用した装飾的なデザインや、立体的な造形など単なる労働着を超えた意匠に満ちています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

直線に比べて縫製に時間と技術が必要な上に、生地の用尺も増えて非効率な角をとったりカーブを描いたりしたポケット。角を折り込んでいたり、曲線を描くポケットのフォルムは、パーツを準備する際に型に合わせて曲げながら折り込んでプレスする作業や、曲線に合わせながら縫い付ける作業など、直線で構成される形(例えば四角形)とは比較にならない手間のかかるものです。

生地からパーツを切り取る際にも、曲線的な形は直線に比べて隙間が大きく、生地の無駄を多く生みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういった効率だけで無く「着心地」と「デザインの洗練」を忘れ無いのがモード発祥の地、フランスのエスプリ精神の形なのだと思います。もともと手の込んだ仕様の手間と時間をかけられたポケットを一度解体し、裏に生地を縫い合わせ、それをもう一度手で内縫いすることでステッチを隠し縁を浮かせて立体的に。ぷっくりとしたフォルムと、縁から覗く裏地の生成りが軽さと動きを与えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

縁を浮かせて手で内縫いした丸みのある立体的なライナーサイドのポケット。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自然な光沢と洗いざらしのふくよかな皺が渾然となった深い風合いはリネンならではのもの。着込んでいくことでさらに進化して、経た時間を映す水墨画のような陰影を描く姿となる日が楽しみを秘めています。

 

 

 

 

 

 

 

 

絞られたアームホールから腕の稼働の必要性に合わせて曲線を描きだす美しい袖の作り。テーラーワークを基本としたパターンメイクと縫製が、「 ファッション 」 と対極の位置にあるはずの「仕事着」を、様々なメゾンやデザイナーがモデルとする高みに今も位置付けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

手の温もりではなくストイックさを伝える不揃いなステッチ、縫い皺の表情や生地のコントラストが乾いた奥行きを作りだします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

立てたバランスも小ぶりで、着こなしの幅も広がるショートポイントのテーラーカラーはアルチザンを思わせるミニマルな佇まいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Cattle Dealer(家畜商)=フランスのMaquignonの仕事着によくある胸の2連ポケットが特徴的なワークコート。Maquignonの仕事着としては、Villetteと呼ばれるインディゴ染めの細番手のリネンを稠密に織り上げた生地や、撚り杢のsalt&pepperなどが代表的な中で、珍しいホワイトのリネン生地のワークコートです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボタンはフランスのデッドストックのホーンボタンです。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワークコートの中でもクラシックな時代のものでしか見かけない、バックストラップが付けられた趣のある背中。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コンパクトなシルエット、テーラーリングに基づくパターンで作られ、ワークという範疇には収まりきらない要素に満ち溢れた一着です。

 

 

 

 

 

 

ファッションとは無縁のはずの世界である仕事着に込められた、フランスのエスプリとセンスが、多くの愛好家を生み、惹きつけ続け、お手本となり続ける、フランスというモード発祥の地が培った“ ファッションの原点 ” が生み出したワークウェアの到達点の一つです。

 

 

 

ホワイトリネンダスターコート39.jpg

 

 

 

サイズ 2(M相当 )

肩幅 =45cm 

バスト=52cm(脇下)

袖丈 =60 cm 

着丈 =113cm

フランス/日本製

フロントファブリック = French Linen Tussah / Linen 100%   

バックファブリック  = Indian Rustic Cotton Broad Cloth / Cotton100%

ボタン    = Vintage Horn Buttons ( Dead Stock ) 

                       & Antique Fabric Covered Buttons   

 

 

STOREへのリンク

 

 

1930-1940 Vintage  Pure Linen French Chore Work Worker Cattle Dealer Duster Coat 

[ALTERATION By Manure Of Drawers] ON SALE

試着や他の写真などのご要望がございましたら

お気軽にお問い合わせください。