新しいけど古いもの

新しいけど古いもの

French Linen Made Antique Chore Worker Paysan Coat

French Linen Made Antique Chore Worker Paysan Coat

End of 19th Century Hand Woven Pure French Linen Made Antique Chore Work Worker Paysan Coat

 

 

 

フランスの農村部などで作られた古い仕事着には、一般的にイメージされるフレンチワークウェアとは別の魅力が溢れています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

19世紀末頃から、都市部とその近郊地域での産業や商業の発展とともに発達し、産業革命や近代化の結晶としてのワークウェアは、服飾知識と技術を持った専門家によるデザインとパターン製作や、縫製や工程の管理を基本とした、ワークウェア自体が立派な商品となる工業生産品でした。特にフランスのものは、テーラーワークを基本にしたパターンと縫製が作り出す立体的で曲線的なデザインと、ホワイトとグレーのメランジ糸の生地(salt&pepper)など、雰囲気溢れる表情が今でも独特の魅力を持っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一方、周辺の農村部などでは、生活や仕事着が近代化されるのは1900年代の中期以降でした。今も食糧自給率が120%を超え、欧州連合(EU)一の農業生産国のフランスには、民族衣装から発展し、牧畜に従事する人々が作り上げたBiaudeや、農家の室内着や寝間着になったスモックなど豊かな感性に彩られたフランス独自の様々な衣料や仕事着が自らの手や町の仕立て屋で手作りされていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フランスのスモックやBiaudeは、出来上がった物を購入するだけではなく、農家の奥さんなどが、昔から受け継がれてきた物を見本に作り続けて来たものも多くあります。体に沿う立体的な形にするためのパターンなどの、服飾に対する専門的な知識が発達する以前から引き継がれてきた原型は、生地をできるだけ無駄なく使い、縫製も容易な直線で構成されたパーツを組み合わせた、ユニークな仕様で作られています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このコートは、19世紀末から20世紀初頭の頃に見られたものの一つで、直線の四角形のパーツばかりを使って、ギャザーでボリュームと運動量を確保した農家手作りのスモックと、テーラーの流れを取り入れた工業製品でありプロフェッショナルメイクのワークウェアの過渡期だったことを暗示するようなユニークな組み合わせで仕立てられています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世界一のリネン大国のフランスならではのリネンで仕立てられたワークコートです。立体的なデザインとパターンが、100年前の物とは思えない現代的な意外性に溢れています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

肩ヨークが接ぎの無い1枚仕立ての特殊な仕様で、とても珍しい造りで作られたコート。背中の接ぎを経地に合わせたヨークが、体に沿って前に回り込んでくるにつれて、しだいに生地方向が変化し、肩から胸にかけてがバイアス方向の生地使いとなり、肩の傾斜に馴染むとともに、腕の動きにも沿う伸縮性を持った、とても理にかなった作りです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナチュラルな肩のフォルムを作り出し、広い身幅と肩をバランスよく繋ぐパターンはフランスならではの発想だと思います。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

胸から下の身頃は、前身頃から背中心までを1枚で作り背中で繋いだたとてもユニークな設計。脇に接ぎがなくたっぷりとした身幅から裾に向かって緩やかに広がるシルエットは、比較的コンパクトな肩とのバランスの対比がユニークな味わいを深めてくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ユニークで立体的な発想の肩ヨークに、生地の横幅をそのまま利用して無駄なく生地を使って、繋ぎ合わせただけのまっすぐな身頃を合わせた面白い仕立て。ここに腕に沿った曲線を描く2枚袖の腕と、このころの特徴的なフラットな衿といった組み合わせ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このころのフランスの仕事着によく見られる、衿を1枚で作らずに強くカーブした2枚のパーツを継いだ、身頃に沿う形のフラットながらもボリュームのある衿。この衿も立体的なパターン発想が作り出したフランスならではのもの。衿裏は、フランスのアンティークベッドリネンに張り替えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

着込まれたダメージ痕を補修したpatchとdarning。手で丹念にかがりつけたステッチや、意図しては作れない痕跡は、偶然と時間と人の手が紡ぎ出したものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前たての見返しや裾のハンドステッチが作る柔らかな陰影。多くを職人の手作業と勘で支えられていた時代の、紡糸と手動織機で織られた生地の、独特の表情と味わいが滲み出る生地。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しっかり着込まれた年月の経過を映す枯れた質感と色合いが入り混じる生地は、リネン大国フランスならではの軽い風合いのリネン。グレーがかったベージュのイメージが強いフラックス(亜麻)の素の色(=ecru=生成り=生成りと言う色の名前は日本で亜麻の色を表すために作られた色名)ですが、この生地は美しいライトベージュです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大きめだったポケットはダメージを補修し、フォルムを少し変えて裏に生地をつけて丸く立体感のあるポケットに。フラップや袖のタブもダメージの補修と裏地を変更。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヘムを軽くするために表地から浮かせてつけたライニングの裾。適度なボリュームを持たせるために深い見返しをつけ、ハンドステッチでアクセントを添えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライニングを縫い合わせる手仕事によるブラインドステッチ。ミシンで縫えば数分の仕事に、その十数倍の時間をかけたことの意味は、きっとあるはず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボタンは英国の1950-1960年代のVintageのデッドストックです。通常に見られる角のボタンのほとんどは水牛の角から作られているもので、主としてアジア圏の水牛の角をアジア圏で加工したものです。このボタンは、英国の有名紳士服ブランドの注文により特別に作られた、英国の牛(ヘレフォードやアバディーンアンガス)の角を使って英国で作られたものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4-6mmという厚み、裏側の皮付き仕上げ、ブラウン、ブラック、乳白、透け感のあるベージュと濁ったベージュなどが自然に入り混じった角の色合い、27mmという大きさ、モダンな印象をも感じさせる、間隔が広く大きな穴の4つのボタン穴、丸く切り出した形を粗く削っただけで素のままの表情を活かした風合い、どこを取っても迫力と良さしかない60年以上も前の貴重で珍しい逸品のボタンです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

胸ポケットの袋布もrustic cottonで作り直しています。長い時間のこびりついた得体の知れない埃や糸くずは取り除くのがお約束。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

糸が解けたり破れのあったボタンホールを、数を増やして全てリネンコードで作り直し、存在感のあるボタンがずらりと並ぶ迫力のある顔立ちに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長い時間を経てきたものへの憧憬を形作り、経てきた時間の表情を加工で作り出してまとった表層的な作り物ではなく、この1枚は、本当に長い時間を経過した痕跡を凝集した本物と、現代性の融合を形にした一着です。

 

 

 

 

 

 

サイズ 2

肩幅 = 45cm

バスト= 60cm (脇下)

袖丈 = 62cm

着丈 = 107cm 

フランス/日本製
Front Fabric =Hand Woven Pure French Linen/ Linen 100%

Back Fabric  =Indian Rustic Cotton Broad Cloth / Cotton100%

Buttons    =1950-1960 Vintage French Cow  Horn Button

        & Antique Fabric Covered Button

 

 

STOREへのリンク

 

 

End of 19th Century Hand Woven Pure French Linen Made Antique Chore Work Worker Paysan Coat

[ALTERATION By Manure Of Drawers] ON SALE