新しいけど古いもの

新しいけど古いもの

Vintage French Indigo Dyed Linen/Cotton “ Pompiers de Lille” Uniform Jacket

Vintage French Indigo Dyed Linen/Cotton “ Pompiers de Lille” Uniform Jacket

1940-1950 Vintage French Indigo Dyed Linen/Cotton Serge Made “ Pompiers de Lille” French Fire Fighter Jacket

 

 

 

1940年代の“Pompiers de Lille(リール消防団)”のユニフォームジャケット。現代の機能性最優先の仕事着が捨て去ってしまったフランスならではの良さがたくさん詰まった1着です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

軍に所属するパリ消防隊(Brigade des sapeurs-pompiers de Paris=sapeurs-pompiers)や、マルセイユ消防大隊(Bataillon de Marins-Pompiers de Marseille)のようなフランスの消防組織を代表する組織のものではなく、フランス全土レベルの消防組織の再編や規則の整理、制定以前のフランスの地方組織で使われたユニフォーム。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フランスは綿を栽培するには気候が寒冷すぎ、インド航路が確立されるまでは、地中海経由のアラブ圏からの輸入によるものしか綿が手に入らず、身近な衣料素材は寒冷な気候でも栽培に適した麻と、食料としての役割も兼ねる羊の羊毛と羊皮、同じく食料の副産物の牛皮などでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このようにフランスでは一番身近な繊維素材であったリネンは、一般的な日常着や農耕などの労働着だけではなく、軍やこの服のような消防隊などの制服にも多用されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第二次大戦後の余韻にまだまだ喘いでいた1940年代のフランス。インディゴ染はファッションからの要求とは無縁の、汚れ隠し、虫除けといった実質的な必要や、特別な設備がなくても家の桶を使って常温で染められる、小規模染色にむいた便利な手法でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういった小規模なものではなく、ある程度の量を作るために染工場で、糸の芯近くまでしっかりと生地染めで染められたインディゴは、中白のロープ染色のものとは違った濃く深い色合いと味わいを持っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

張りのある生地は、家畜商のMaquignonが着ていたBiaudeに使われた、麻生地(Villette)のような細い糸で緊密に織られた物とは違って、綿を混紡したしっかりとした感触のサージ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボタンホールは解体時に一旦全て糸を解き、数を2倍に増やしてリネンコードでかがり直したものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

防水、高発汗、強靭、難燃。素材はどんどん高機能になり、形も運動性や作業効率を追求したものへと進化を続けてきたけれど、ファッション的には退化しているに違いない仕事着の世界。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昔のフランスのワークウェアは、「 ファッション 」 と対極の位置にあるはずの「労働着」が、様々なメゾンやデザイナーのお手本となり続ける、単なる労働着を超えた存在です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この服が働く人達のものであった事と、長い時間と愛着、愛用を示す全体各所の擦り切れ、破れ、穴あきは、刺し子、ダーニング、パッチなど様々な方法で飾られた、このジャケットの履歴の証です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一度取り外し、裏をつけて2重にしたうえで、内側を手で掬い縫いして身頃に縫い付ける事で、ふくよかな質感のあるフォルムにしたポケット。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カフスと同じく身頃とコントラストを描くスタンドカラー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

綺麗な曲線を描く袖は、立体的なパターンの良さが生きるフランスの仕事着ならではのもの。カフスはダメージを補修するととともにフォルムを変更し、開きのある変形のウイングカフスに作り替え。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

立体的でコンパクトなシルエットと、数を増やしてずらりと並ぶボタンとボタンホールが、クラシックでありながらモダンな表情です。手仕事の温っぽさを打ち消したミニマルな顔立ちが古いけれども新しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Pompiersのユニフォームに標準的に使われていた大きめで少し重厚すぎるオリジナルのメタルボタンを、vintageのアニマルレリーフのメタルボタンに変更し、かっちりした印象に軽快さと柔らかなイメージを加えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライニングやラベル、カフスを縫い付けるステッチの手縫ならではの意図せぬ乱れが、ふくよかな表情を作ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フランスならではのテーラードの基本に則った立体的なパターンで仕立てられたジャケットは、プロフェッショナルの為につくられた機能性だけではなく、フランスのエスプリ精神と美しさと力強さに溢れています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

経てきた時間を映す陰影と、ふくよかな皺を纏う服。新たに作られたものでは手に入れられない、VINTAGEの魅力と風合いが今と結びつき、セピア色の写真の世界を懐かしむだけの服とは一線を画す1着です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サイズ 2(タイトめM)

肩幅  =43 cm

バスト =52cm(脇下) 

袖丈  =60cm(脇下)   

着丈  =62cm

フランス/日本製

Front Fabric = Indigo Dyed Linen/Cotton Serge / Linen/Cotton

Back Fabric  = Indian Rustic Cotton Broad Cloth /  Cotton 100%

Buttons    = Vintage Animal Relief Button (Random Choice)

                       & Antique Fabric Covered Buttons

 

 

 

STOREへのリンク

 

 

1940-1950 Vintage French Indigo Dyed Linen/Cotton Serge Made “ Pompiers de Lille” French Fire Fighter Uniform Jacket

[ALTERATION By Manure Of Drawers] ON SALE