新しいけど古いもの

新しいけど古いもの

Vintage French Fire Departments Salt&Pepper Work Uniform Jacket

Vintage  French Fire Departments Salt&Pepper Work Uniform Jacket

1940-1950 Vintage French Local Fire Departments Salt&Pepper(“GRIS de Travail”) Cotton Twill Made Work Uniform Jacket 

 

 

1940年代のフランスの消防隊のワークジャケット。現代の機能性最優先の仕事着が捨て去ってしまったフランスならではの良さがたくさん詰まった1着です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

軍に所属するパリ消防隊(Brigade des sapeurs-pompiers de Paris=sapeurs-pompiers)や、マルセイユ消防大隊(Bataillon de Marins-Pompiers de Marseille)のようなフランスの消防組織を代表する組織のものではなく、フランス全土レベルの消防組織の再編や規則の整理、制定以前のフランスの地方組織で使われた様々なユニフォーム。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第二次大戦後の余韻にまだまだ喘いでいた1940年代のフランス。この頃のフランス消防士のユニフォームでよくみられるのは、消防署などでの事務的な業務の際に着用するインディゴブルーのウール(秋冬)とリネン(春夏)の制服と、消火活動の際に着用するレザージャケット。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この “GRIS de Travail” (グレーの仕事着)と呼ばれるsalt&Pepper素材のワークジャケットは、消防車の整備や消火器機の加工や整備、消火活動終了後の火災現場での作業など、汚れる事の多い業務時の上っ張りとして一部の地域の消防組織で支給された物とのことで、目にする事の少ない1着です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オフホワイトとグレーの2本の糸を撚り合せたメランジの縦糸(撚り杢)とグレー単色の緯糸で織り上げた、しっかりした目の詰まったタイプのツイル。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「汚れが目立たない」という理由だけで採用されたのだとは信じられないほど完成されたソルト&ペッパーの生地の味わい深い色合いと風合い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

着込まれて薄いグレーに進化し、経てきた時間を映す水墨画のような陰影とふくよかな皺は、決して加工では再現できない創造性を持っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボタンホールは解体時に一旦全て糸を解き、リネンコードでかがり直したものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

防水、高発汗、強靭、難燃。素材はどんどん高機能になり、形も運動性や作業効率を追求したものへと進化を続けてきたけれど、ファッション的には退化しているに違いない仕事着の世界。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この服が働く人達のものであった事と、長い時間と愛着、愛用を示す全体各所の擦り切れ、破れ、穴あきは、刺し子、ダーニング、パッチなど様々な方法で飾られた、このジャケットの履歴の証です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一度取り外し、裏をつけて2重にしたうえで、内側を手で掬い縫いして身頃に縫い付ける事で、ふくよかな質感のあるフォルムにしたポケット。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

詰襟のようにカチッとしたものではなく、比較的低めで緩やかに立ち上げるスタンドカラー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

綺麗な曲線を描く袖は、立体的なパターンの良さが生きるフランスの仕事着ならではのもの。カフスはダメージを補修するととともに開きのある形に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

数を増やしてずらりと並ぶボタンとボタンホールが、クラシックでありながらモダンな表情です。手仕事の温っぽさを打ち消したミニマルな顔立ちが古いけれども新しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

消防隊のユニフォームに実際に使用されていた、80年経っても鈍い輝きを保つvintageのアルミ合金のボタン。かっちりした印象に軽快さと柔らかなイメージを加えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライニングのカットされたヘムで遊ぶ糸が、印象をドライで軽やかに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

古いワークウェアに良く用いられた、ウエストにベルトと浅いプリーツの入ったクラシックな表情の背中。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

背中へアクセントとして入れたネップの強いvintageリネンコード糸のステッチワーク。一針一針丹念に刺して十字のモチーフを描きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライニングやラベル、カフスを縫い付けるステッチの手縫ならではの意図せぬ乱れが、ふくよかな表情を作ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フランスならではのテーラードの基本に則った立体的なパターンで仕立てられたジャケットは、プロフェッショナルの為につくられた機能性だけではなく、フランスのエスプリ精神と美しさと力強さに溢れています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

経てきた時間を映す陰影と、ふくよかな皺を纏う服。新たに作られたものでは手に入れられない、VINTAGEの魅力と風合いが今と結びつき、セピア色の写真の世界を懐かしむだけの服とは一線を画す1着です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サイズ 2

肩幅  =43 cm

バスト =55cm(脇下) 

袖丈  =61cm(脇下)   

着丈  =70cm

フランス/日本製

Front Fabric = Cotton Salt&Pepper Twill / Cotton100%

Back Fabric  = Indian Rustic Cotton Broad Cloth /  Cotton 100%

Buttons    = Vintage Aluminium alloy Button

                       & Antique Fabric Covered Buttons

 

 

STORE へのリンク

 

 

1940-1950 Vintage French Local Fire Departments Salt&Pepper(“GRIS de Travail”) Cotton Twill Made Work Uniform Jacket

[ALTERATION By Manure Of Drawers] ON SALE