新しいけど古いもの

新しいけど古いもの

Natural Indigo Dyed French Antique Rustic Linen Made “Travile de Patch” Work Jacket

Natural Indigo Dyed French Antique Rustic Linen Made “Travile de Patch” Work Jacket

End of the 19th Century Natural Indigo Dyed Hand Woven French Antique Rustic Linen Made “Travile de Patch” Work Jacket

 

 

フランスのワークウェアは、テーラーワークを基本としたパターンメイクと縫製を基本とし、「 ファッション 」と対極の位置にあるはずの「労働着」を超えた存在です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

19世紀末頃のインディゴで染められた手織りのリネンで作り出したwork jacket。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

緩めの手紡ぎっぽさのある素朴な質感の糸。リネンという名前の持つ上質や高級なイメージといった一面とは対極にある、はだかのリネン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その糸を手動織機で織った素朴な生地は、Biaudeに使われるVilletteの繊細な表情とは全く違った迫力を持ち、洗練や洒落っ気とは全く違った農業大国フランスの骨太さが伝わる、無骨さと素朴さが溢れています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今なお世界のリネン原料のフラックス(亜麻)生産の70%を生み出し続けるフランスは、文字通りのリネン大国です。綿の栽培には温帯から熱帯の気候を必要とするため綿の入手は輸入に頼るしかない寒冷な気候のフランスでも、自国での栽培に適した亜麻は、衣類のみならずシーツなどの寝具や寝間着などのホームリネンから、テーブルクロスやナプキンなどのテーブルリネンにも使われフランス人にとっては綿以上に生活に密着した最も身近な繊維です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その生地を農家などが自分達で染めたと思われるこれまた素朴なインディゴ染め。まだ合成インディゴが普及する以前の、ナチュラルインディゴによる淡いブルー。陽に晒され、色褪せ枯れたインディゴ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インディゴ染は当時は、今のようなファッションからの要求とは無縁の生活に根差した存在。汚れ隠し、虫除けといった実質的な必要に対して、火にかけられる大きな釜などの特別な設備がなくても、家にある桶を使って常温で染める事が出来、小規模な染色にも適した便利な手法だったインディゴ染め。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヨーロッパのインディゴ染色は、15世紀頃まではウォード(woad)という植物による独自の藍染め方法がありました。その後バスコ・ダ・ガマのインド航路の開拓によりインド藍がインドから輸入されるようになると、値段や染色性、発色の良さからウォードは廃れ、インド藍に置き換えられてしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後普及していく合成インディゴの開発は、1900年初頭以降。この生地が作られた19世紀末頃は、まだ天然のインド藍による藍染めリネンが作られていた時代と考えられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

丸いフォルムと膨らみが味のある内ポケット。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作業着でありながらテーラーリングをベースにした腕に沿うゆるやかな曲線を描く袖。開きをのある2つボタンの変形のカフス。裏の襟はアンティークリネンです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アンティークの生地ならではの生地の傷んだ部分や欠損部分、陽に晒されて色の抜けてしまった部分への接ぎ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アクセントと魅せる補修を兼ねるヘムやえりのpatchのvintageのリネン生地。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生地を上に被せてpatchするのでは無く、象嵌細工のように生地をくり抜きながらモザイク状に生地をpatchしていくフランス独特のpatch work=travail de patchが描き出す象嵌模様。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

裏をつけて2重にしたうえで、内側を手で掬い縫いして身頃に縫い付ける事で、丸みとふくよかな質感のあるフォルムにしたポケット。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボタンはワークジャケットの定義にこだわらず、 vintageの動物のモチーフが浮き彫りで象られた金属のボタン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Vintageボタンの中でも1番人気が高く、1つがビッグマック2個分ぐらいが相場のフランスのハンティングジャケットに使われていたボタン。あえて様々な素材と、いろんな動物のモチーフをランダムに選んで縫い付けています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少し塗装が剥がれたり、錆があったり、色がくすんだりするボタンには、長い時間の痕跡が刻み込まれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

間隔を詰めて普通の2倍の数のボタンが並ぶインパクトのある顔つき。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

facingとライニングを縫い付けるのは、カーキグレイのリネン糸のハンドステッチ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

裾やカフス、ボタンホール、アウトシームのステッチもカーキグレイのリネンコード。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手仕事の温っぽさを打ち消した顔立ちが古いけれども新しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サイズ 2

肩幅 =44cm 

バスト=53cm(脇下)

袖丈 =58cm 

着丈 =67cm

フランス/日本製

Outer Fabric = Antique Natural Indigo Dyed Rustic Linen/ Linen100%

Lining Fabric = Indian Rustic Cotton Broad Cloth / Cotton 100%

Button      =Button Vintage Animal Relief Button (Random Choice)

                     & Antique Fabric Covered Button

 

 

STOREへのリンク

 

 

End of the 19th Century Natural Indigo Dyed Hand Woven French Antique Rustic Linen Made “Travile de Patch” Work Jacket

[STANDARD By Manure Of Drawers] SOLD