新しいけど古いもの

新しいけど古いもの

French Antique Indigo Rustic Linen Gather Pocket GiletGilet

French Antique Indigo Rustic Linen Gather Pocket GiletGilet

End of 19th Century  French Antique  Natural Indigo Dyed Rustic  Linen made Gather Pocket Gilet

 

 

 

シャツとパンツのプレーンなスタイルにニュアンスを加えたり、ジャケットの着こなしをランクアップさせたりと、あれば便利なジレ。少し長めの丈と大きなポケット、なだらかな曲線で描かれた印象的なフォルム。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

表地の生地は100年以上前のフランスの素朴なリネン。栽培も紡績も製織もすべてフランス国内で行われていた頃のリネン。今では国をまたいだ分業化が発達したリネン産業では、栽培、紡績、製織は別の国で行われることがほとんどです。全世界のリネン原料の亜麻(フラックス)の75%~80%を産出するフランスでも、栽培以外の工程は国外で行われ、このようにすべてをフランス国内で行ったリネンは貴重になってしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだまだ手の仕事と職人の勘が多くを占めていた時代のリネン。しっかりとした表情に味のある糸を、手織り機で織った素朴な顔つきのリネン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだ人造インディゴが普及する前の時代のインド藍で染められた微かにグリーン味を帯びた深い青。少しムラがあり、農夫が自分たちで染めたような素朴な風合いは、昔の生地とならではのもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

背身頃に選んだのも、100年以上前に手織機で織られたLinen/Cottonのダマスク(Damask)織りのアンティーク。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダマスク織り本来の形である単色で織られた生地には、植物や幾何学的文様を組み合わせたアラベスク様式の柄が織り込まれ、上品でオリエンタルな趣が漂います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

裏には未晒しのラスティックコットンを手でまつり付け、手縫ならではの縫い皺のふくよかな表情を作り、洗いによる縮絨が作るしわの味わいを。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ギャザーを寄せたポケットは、大きさと丸く立体的なフォルム、裏地とのコントラストが相まってとても印象的な表情。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボタンホールも全て、リネンコードの手縫いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボタンはフランスの倉庫や納屋で掘り出されたアンティークのメタルボタン。泥のようなものがこびり付いていたり、緑青をや錆をまとっていたり、形が歪になっていたり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1つ1つ違う顔つきのボタンが作る豊かな表情。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前身頃と背身頃をつなぐ脇も肩も手縫い。だからこそ生まれるふくよかな皺、手じゃなければ出来ない事、手だからこそ出来るもののかたちです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サイズ 2 

肩幅 = 36cm 

バスト= 49cm(脇下)

前着丈= 70cm 

後着丈= 59cm

前身頃= French Antique Naturai Indigo dyed  Linen / Linen 100%

背身頃= French Antique Damask Weave Cloth / Linen/Cotton 

裏地  = Indian Rustic Cotton Broad Cloth / Cotton 100%

ボタン = French Antique Metal Button (Random Choice)

                     & Antique Fabric Covered Button

 

 

 

STOREへのリンク

 

 

End of 19th Century  French Antique  Natural Indigo Dyed Rustic  Linen made Gather Pocket Gilet 

[STANDARD By Manure Of Drawers] ON SALE