新しいけど古いもの

新しいけど古いもの

Vintage French Black Doeskin Old Jacket

Vintage French Black Doeskin Old Jacket

1930-1940 Vintage French Black Doeskin Old Jacket

 

 

 

2つの大戦の狭間の不況に喘いでいた頃のフランス生まれ。まだまだ機械化や技術の進歩が進みきってはいなかったこの頃、この一着を仕上げるまでにかかった時間と手間は、今とは比べ物になりません。時を経ても変わらない現代には再現しようもないヴィンテージならではのウールのテクスチャーが見事です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この一着は、極めてモダンな部類に位置するとても貴重なもの。生地作りも縫製も、技術が進化した現代でも望むべくもなく再現もできない、かつての職人たちの作り上げた得難い一着です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウエストにシェイプを効かせた、このころならではの美意識が注がれた、コンパクトなフィット感。短めの丈と丸みを帯びたシェイプに変更したヘムのラインはクラシックな表情を醸します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3倍に増やしたボタンが作り出すモダンな表情。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

深いブラックのシックな印象のソフトでしなやかな生地とは裏腹のタフな着用感。このジャケットが単なるお洒落のための外出着では無く、普段着も仕事着を兼ねていたことを物語ります。ダメージへ施したdarningとPatchが、この頃の庶民の暮らしを飾ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手かがりのボタンホールや衿周り、その他随所に加えた手の仕事。作り替えたポケットの袋布は、長年溜まってこびり付いていたた正体不明の埃を除き、アクセントを与えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダメージを飾るパッチとダーニング。ステッチを解く事で、端々衿や裾に空気を含んだ豊かな表情が生まれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヴィンテージのBuffaloや、錆に覆われたアンティークのメタル、デッドストックのResinなど大きさも色もばらばらなボタン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フラップ裏やポケット袋布をラスティックコットンにとりかえて、コントラストと動きと清潔感のある豊かな表情。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

閉じられていた袖口は、変形の本切羽に作り変え。開けても折り返しても、現代的なニュアンスを醸し、着こなす楽しみを広げるポイントになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手仕事だからこその、手縫い皺も美しい柔らかな仕様です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キュプラのライニングと取り替えた、ラスティックなコットンブロードは、適度な張りとシワ感が有り、素朴な糸の表情が魅力です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

流行やブランドや値段の多寡に惑わされない価値観を持った方々の、その人自身を魅せる衣です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サイズ 1

肩幅 =42cm 

バスト=49cm(脇下)

袖丈 =60 cm 

着丈 =67cm

フランス/日本

表地      = Doeskin / Wool100%                

ライニング = Indian Rustic Cotton Broad Cloth / Cotton100%

ボタン     = Buffalo,Metal,Resin,Chalk,etc.(Antique&Vintage Random Choice)

                   & Antique Fabric Covered Button

 

 

STOREへのリンク

 

 

1930-1940 Vintage French Black Doeskin Old Jacket

[ALTERATION By Manure of Drawers] 

ON SALE